米国私立ハイスクール進学プログラム概要

入学することを全面サポートする国内プログラム

プログラム参加資格
  1. 本人が中学校で学ぶ意欲はあるが、高校大学への進学のための勉強中心の授業に興味が涌かないという理由で、あるいは一方通行的な押し付け授業が嫌であるという理由で不登校になった中学生であること。
  2. そして現時点で中学2年あるいは中学3年に在籍しているが中学課程は不登校生のまま終わるつもりであること
  3. MASK English Academy提携米国私立ハイスクール翼下のハイスクールへの事前申し込みで条件付き仮入学許可を得ることができること
  4. 別項で説明するプログラムで所定のカリキュラムを学び、本プログラム終了後はMASK English Academy提携米国私立ハイスクールの一つに進学しそのハイスクールの卒業証書を獲得したいという強い決意が面接などを通してプログラム主宰者に確認できること。
  5. 別項で説明するプログラムのステップが守れる人
  6. 保護者がプログラムの目標に賛同し、併せてプログラムで学んだ後、米国私立ハイスクールで学び卒業証書を授与するという本人の目標に賛同し物心共々の面で全面協力できること
  7. 保護者がプログラムの経費及び米国のハイスクールでのすべての経費を負担できること
  8. 本人と保護者がプログラムの規約を遵守できること
プログラムのステップ
  • STEP:1保護者からのお問い合わせ(随時)
  • STEP:2本人、保護者、プログラム主宰者3者の面談
  • STEP:3プログラムが提携する米国私立ハイスクールへの事前申し込みで条件付き仮入学許可を取得できること(通常は結果がでるまでに1週間が必要。取得できない場合はこの時点でプログラムへの参加をご遠慮願うことになります)
  • STEP:4プログラム入学(随時)
  • STEP:5プログラム在籍中にプログラムが提携する米国私立ハイスクールの正規入学許可あるいは条件付き入学許可を取得、中学課程を終了した年の4月に渡米
    注:正規入学許可あるいは条件付き入学許可取得についてはPART2の別項を参照
  • STEP:64月~8月中旬(入学するハイスクールでの事前教育プログラム)
    (但し中学3年の2学期からプログラムに入学した人は中学課程終了後の8月に渡米して9月~12月に事前教育プログラムを受講して翌年の1月に入学となるのが一般)
  • STEP:78月末から9月初旬にハイスクールに入学(主宰者の任務はここで終了)
プログラム内容とカリキュラム
  1. プログラムの目的はプログラム入会前に条件付き仮入学許可を得たMASK English Academy提携米国私立ハイスクールの一つから正規入学許可を取得するのに必要な英語力と学力を育成すること。よってカリキュラムの基本はそのハイスクールのカリキュラムに基づき構成されるが、授業の大半は(a)英語力育成のための授業(b)ハイスクールで学ぶ教科の基礎知識を英語で学ぶ授業。授業のほとんどはネイティブによる授業である。
  2. 授業はMASK English Academy所属のネイティブ講師が中心に担当
  3. 各人の進度に合わせて作成する個人完全対応カリキュラム。スカイプによる個人授業
  4. プログラム在籍中は週5日(月~金)、1日の授業時間は50分授業×2コマが基本ベース。但し学力に応じて授業数に個人差あり。授業時間帯は9am~6pm。双方の相談で授業時間は決定。
  5. 中学課程を終了する3月まで在籍することを原則とする。但し正式入学許可を取得すればその時点で授業は終了。以降は本人の希望があれば授業は継続する。
  6. 最初の数か月は英語力を育成するための授業中心だが、英語力が付いてくるとハイスクールで学ぶ教科の(例えばアメリカ史、数学など)基礎課程を英語で学ぶ授業になる。
  7. MASK English Academy提携米国ハイスクールの基本姿勢は授業に必ず出席すること。よってプログラムが授業で求める絶対条件はスカイプ授業に必ず出席することである。
  8. 上記通常授業以外に1カ月に1回の割で渡航準備講座(アメリカでの生活、ハイスクールでの生活などに役立つ講座。日本語での授業。スカイプでの授業だが複数以上が同時に受講する形式)
  9. 在籍中に必ず1回は<1週間のサバイバル合宿>(茨城県竜ケ崎市の阿蘇農場合宿所で実施)に参加しなくはいけない。
  10. プログラムは正規入学許可を得る学力に達するまで継続することを原則とするが、授業の出席率が高く講師の評価が高ければたとえ学力的に正規入学許可を取得できる学力に達していなくても条件付き入学が与えられる。そして中学課程終了した後の4月に学生ビザで渡航して所定のハイスクールに入学が許される。そして入学後、普通の努力をしていれば条件付きは取り除かれ正規学生になれる。
プログラム費用
(1) プログラム入学金(返還不可)
60万円(税別)ハイスクール条件付き仮入学許可取得費含む
(2) 授業料
1回の授業(50分。スカイプ個人授業)3,500円(税別)×授業数

米国私立ハイスクール卒業までにかかる総費用概算

本プログラム(1年在籍ベースで) 200万円
飛行機代
ハイスクール事前授業と生活費 100万円
ハイスクール3年間 年間300万円×3年間=900万円
総費用(概算) 1,250万円